スポーツ

根尾U18でサイクル達成!腹筋画像やトレーニング方法、伝説も調べてみた

Pocket

スポンサーリンク

第100回夏の甲子園で優勝した大阪桐蔭で話題となっている根尾昂選手。

 

ショートで走攻守に渡り抜群の野球選手でU18 でも5番スタメンで出場しサイクル安打を達成しました。

 

そんな根尾昂選手のu18の一門一答やネットで話題になっている数々の伝説やバキバキの腹筋になるためのトレーニング方法について紹介していきます。

 

1.根尾昂選手のプロフィール

名前:根尾昂(ねお あきら)

生年月日:2000年4月19日

年齢:18歳

血液型:不明

出身地:岐阜県飛騨市

身長:177㎝

体重:79㎏

出身中学校:飛騨市立古川中学校

出身高校:大阪桐蔭高等学校

ポジション:投手、ショート

投打右投げ左打ち

 

根尾昂選手は3歳上にお兄さんがおり、その影響で小学校2年生に野球を始めたそうです。

 

当時の監督の話だと毎日素振りを100回やってくる選手はちらほらいましたが根尾選手は小学校低学年なのにも関わらず毎日素振りを500回以上やっていたそうです。

 

既に身体が出来上がっていた根尾選手は小学校6年生の時点で128㎞の速球を投げることが出来て、ソフトボール投げでは「88m92㎝」を記録して歴代1位の記録を持っていたそうです。

 

また足も小学校の時から俊足で100mでは全国5位に入っているなど様々な記録があります。

 

また根尾選手はスキーの全国大会で優勝して世界大会などに出場した経歴もあります。

 

また中学時代の飛騨高山ボーイズのエースとしてMAX146㎞を記録し、打撃や藻類でも中学離れしており、既に中学校の時から走攻守がそろっている超一流の選手だったそうです。

 

根尾昂選手は運動が出来た訳ではありません。

 

中学での成績はオール5で生徒会長を務めていたそうです。

 

まさに文武両道出来ている完璧さがあります。

 

2.第12回U18のアジア野球選手権の根尾昂選手の成績は?

 

根尾選手は5番スタメンで出場し、またここでも伝説を残してくれます。

 

2.1根尾選手の打席は?

この時の根尾選手のバッティングの成績は

・第一打席:三塁手を強襲する左翼線へ適時三塁打

・第二打席:右翼スタンドへ本塁打

・第三打席:中前適時打で安打

・第四打席:左前へ二塁打

・第五打席:左前で二塁打

 

という素晴らしい成績を残しています。

 

2.2 根尾選手の試合後のインタビューで1問1答

二回の第1打席で先制打を打った時

「とにかくファーストストライクから打っていこうということで、チームで徹底していたので、上手く内野手の間を抜けてくれたので、よかったです。」

 

左越えソロについて

「甘いところに来てくれたので、自分のスイングが出来たと思います。」

 

第4打席のレフト前への二塁打について

「いつも通り、一打ニ進、ヒット1本でツーベースを狙いにいくことはずっとやっていた。上手くセカンドベースを取れてよかったと思います。」

 

と語っています。

 

また次の試合に向けて

「もっともっと手強いチームも出てくると思うので、一戦必勝で全勝する気持ちで戦っていきたい」

 

とインタビューに答えました。

 

3.根尾昂選手の腹筋がヤバいと話題

また根尾昂選手の腹筋がヤバいと話題になっています。

 

まずはネットでの話題を実際に見ていきましょう。

 

3.1 根尾選手に対してネット中で話題

 

 

3.2 鍛え抜かれた根尾選手の腹筋の理由

ではどのようにして根尾選手はこのような腹筋を身につけたのでしょうか?

 

大阪桐蔭の西田監督も根尾選手の体幹に驚いた腹筋は実はスキーに影響がありました。

 

根尾選手は

 

「スキーって一見、足腰でバランスを取っているように見えますけど、上半身なんです。野球でも、全身のスムーズな動きにとって、上半身のバランスや柔軟な動きが、すごく大切だと思います」

 

と口にしています。

 

つまり、フィールディングや俊足であるために鍛え抜かれた体幹はスキーのトレーニングで身につけたものでした。

 

3.3 根尾選手の腹筋の鍛え方

根尾選手は体幹がしっかりしているから無理な体勢からでも送球が出来るし、安定して動作が速いです。

 

またバッティングやピッチング、走塁など走攻守でのパワーが伝わるのも体幹のおかげなんですね。

 

そのためのトレーニング方法とはどのようなものなのでしょうか?

 

根尾選手は日々のトレーニングは上半身だけではなくてしっかりと下半身も使うキープ系のトレーニングが多いそうです。

 

またV字腹筋やチューブで足を巻いてトレーニングをするので外側の筋肉だけではなくて中の筋肉も鍛えらえれているそうです。

 

4.まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

根尾選手のU18の成績から根尾選手がどうして超一流選手として沢山のスカウトに目をつけられているのかをそれぞれ説明してきました。

 

勉強も出来てスポーツも出来て、相当自分に厳しくストイックに追い込まないとここまでの成績が出ないでしょう。

 

どれだけ根尾選手の基準値が高いのか本当によく分かります。

 

僕は成績を伸ばすのは根尾選手の身体やテクニック、スキルなどではなくてストイックさや自分に負けない心だと思っています。

 

なのでこういった選手はどんどんと活躍していくと今後も期待しているので是非皆さんもチェックしておきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

  1. アジア大会陸上400mリレーで金メダルを取ったメンバーと20年前…
  2. ケンブリッジ飛鳥は滝沢カレンに似ている?驚くべき筋肉や体脂肪率に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitterのタイムライン

PAGE TOP